緑汁 効果なし

ヘッダー

パラミロンの驚くべき効果とは?

    

ユーグレナの驚くべき効果として『パラミロン』があります。

 

その驚くべき効果をお伝えしていきます。

 

パラミロンとは?

 

パラミロンはミドリムシの実が持っている特殊な栄養成分になっています。

 

このパラミロンは中性脂肪やコレステロールといった、

 

血液中に含まれていて、

 

動脈硬化の原因となるような老廃物を吸着し、

 

吸着したまま排泄させることが出来る成分として今注目を浴びているんです。

 

パラミロンはとても特殊な構造をしていて、

 

三重のらせん状の高分子体になっており、

 

さらに無数のミクロの穴が開いているまるでスポンジのような構造なんです。

 

このスポンジ状の構造に中性脂肪やコレステロール、

 

身体にとっては有害となる物質などを吸着して抱え込み、

 

一度抱え込んだものを分離させることなくそのまま排泄されていくんです。

 

この有害物質には痛風の原因と言われているプリン体も含まれています。

 

つまり、プリン体を吸収して排泄していくことが出来るので、

 

身体がプリン体を吸収することを抑制してくれるんです。

 

また、このパラミロンを継続的に摂取すると、

 

免疫バランスの調整を行うことが出来、

 

病気を予防する効果があるということが研究によって解明されてきました。

 

つまり、パラミロンは健康に過ごすためにおすすめの成分ということになります。

 

パラミロンの働き

 

パラミロンが具体的にどのような働きをするのかを紹介して行きましょう。

 

まずミドリムシを摂取すると、消化器官に入っていきます。

 

胃や腸でミドリムシは分解されていきます。

 

パラミロンは難消化性の食物繊維と同じように胃や腸で消化・吸収されることがありません。

 

胃や腸の中で身体が吸収しきれない余分なものをしっかりと吸着して行ってくれます。

 

例えば中性脂肪やコレステロール、有害金属やダイオキシンといったものも、

 

パラミロンのまるでスポンジのような構造になっているミクロホールの中に取り込んでいってしまいます。

 

さらに、胃から腸へと移動する間にこの吸着という働きが続いていきます。

 

パラミロンの表面にもさまざまなものが吸着され、腸に移動して行くと、

 

今度は腸の粘膜細胞を刺激して免疫力をアップさせてくれます。

 

また腸への刺激によって蠕動運動を誘発させて便を押し出す力をアップさせてくれます。

 

パラミロンはそのまま便の嵩をます材料となり、

 

余分なものを吸着したまま小腸から大腸へ、そして便と共に排泄されていくんですよ。

 

これがパラミロンの働きになります。

 

関連記事

・ユーグレナファームの緑汁の効果はないのか?

・ミドリムシとユーグレナの違いは?

・青汁と緑汁の違いは?

・どこで緑汁を買うと一番おとくなの?

・緑汁のオススメの使い方は?