緑汁 効果なし

ヘッダー

「緑汁」と「青汁」の違いは?

    

「緑汁」と「青汁」の違いは?

 

健康食品として世に出たのは、青汁の方が先だ。

 

「うー、まずいっ! もう一杯!」

 

なんて台詞がテレビコマーシャルに流されていた頃は、

 

まさに健康ブーム真っ盛りでした!

 

そういうのは浮き沈みを激しく繰り返すものでしょうけど、

 

でも健康を大切にしたいと思う人が多いことからか、

 

健康ブームはいつも一定の水準で続いてきたように思えます。

 

それで、緑汁。

 

4 (2)

 

ユーグレナを水で割って飲む飲料だ。

 

ミドリムシが緑色をしているから青汁に対抗し、

 

緑汁になったんでしょうが、

 

そもそも青汁も野菜だから緑色なのでした。

 

本来の色を勝ち取ったといったところでしょうか。

 

緑の称号をキープしているとおり、

 

緑汁は青汁よりもずっと栄養素を身体に取り組める構造をしています。

 

健康食品として何倍も進化しているから、

 

青汁と世代交代の時期が来たというぐらいでしょうか。

 

でも、だからといって青汁の文化がたちまち廃れるとかそういうことにはならないと思います。

 

飲みやすくなければ結局、つづかないのです。

 

だから青汁は別の選択肢として生き残り続けると思います。

 

それに青汁は苦い印象が強くありますが、

 

近年は飲みやすいように工夫されているものが多く出ていると聞く。

 

他に、野菜から作られるから信頼性があるというのも長所でしょう。

 

ともかく、緑汁と青汁は区別した飲み物と考えるべきでしょう。

 

信頼の問題で言えば、

 

緑汁は健康的であると獲得するまでにはだいぶん時間がかかるかもしれません。

 

私たちの意識改革がどこまで続くかは、緑汁の絶大な効能にかかっています。

 

緑汁の方が野菜以外の栄養を補給できる点でははるかに優れており、

 

ミドリムシ特有の消化率の高さにより野菜(植物)オンリーの物をかなりの差が付いています。

 

これからは・・・緑汁の時代が来ると私は勝手に思っています(^^)

 

関連記事

・緑汁の効果はないの?3つのポイントで検証!

・ユーグレナファームとは何?

・緑汁の使い方はどれがオススメ?

・パラミロンの効果がすごい!